サラリーマンでもできる現実的な副収入を得る方法

このサイトをみているということは、きっと副収入や自動的に発生する不労所得に興味のある方たちだと思います。
サラリーマンの方もいれば、主婦の方や、自営業の方もいるでしょう。

働き方やライフスタイルは様々ですが、共通していえるのは、お金が欲しいということですよね。
例えば、本業以外に月5万円でも副収入があったら、助かりますよね。

ハッキリ言って、これからの時代、ほとんどの人は給料はそんなに上がりません。
これは日本の経済状況を考えたら必然です。

そんな状況だからこそ、大手企業も副業解禁の流れになっているし、サラリーマンと言えども、これからは自衛をしていかなければならない時代になっていると思います。

「クリック一つだけで毎月200万円の権利収入が・・・」みたいなインチキ臭い話ではなく、リアルで確実な収入源となる方法をご紹介していきたいと思います。

サラリーマンでもできる現実的な副収入

私はサラリーマンをやっていますが、本業収入以外にさまざまな副収入があります。
このサイトの各記事で詳細は書いていますので参考にして頂ければと思いますが、ここでは概要をお伝えしたいと思います。

アフィリエイト

もはやサラリーマンの副業として定番になりつつあるのが、アフィリエイトですね。
波はありますが、私のアフィリエイト報酬は、ピーク時は売上260万円、平均すると月30万円くらいの収入が発生しています。

ジャンルはアダルト、旅行、美容、引越し、金融などなど、比較的広範囲に取り組んでいます。

アフィリエイトで成功するのは難しいと言われています。
確かに月100万円などという数字を叩き出すには、それなりの努力や戦略が必要です。

しかし、月5万円くらいであれば、誰でも到達可能であると断言します。
大事なのは、正しい方法と継続できる根気です。

私は最初独学でやっていましたが、後に独学でやるよりもツールや実績のあるノウハウを使った方が結果が出るのが早いということに気が付きました。

仮想通貨

2018年はコインチェックの盗難事件などの影響により、だいぶ落ち着いてきてしまっていますが、2017年だけでもビットコインは20倍以上の伸びをみせ、「億り人」なんていう造語も流行りましたね。

仮想通貨はもうバブルが弾けた。という向きもありますが、私は実際にはまだバブルにすらなっていないと思っています。

大手銀行が軒並みリストラに舵を切るというニュースが出たのを覚えている方も多いかと思います。
これは今までの貨幣のあり方が変わっていくということで、現物の貨幣の取り扱いはなくなっていく方向にあり、これは不可逆な流れです。

トレードが得意な方は取引で増していると思いますが、トレードが苦手な方はマイニングがおススメです。
ただ正直、いまは地合いがあまりよくないので、月2%くらいの利回りになっています。(去年のピーク時は月利回り20%を超えていました)
これは複利なので確実に元本回収はできますが、これからの価格上昇とマイニング報酬回復に期待しています。

ポイントとマイルの二重取り

私はたった三ヶ月で10万マイル貯めました。しかも無料で。
別にたくさん買い物をしたわけではなく、効率良くマイルを貯める方法を知っているからです。

ポイントやマイルを貯めている人は多いと思いますが、これを二重三重に貯めることができることをご存知の方は意外と少ないと思います。

答えは意外と簡単で、「ポイントサイト」経由で通常通りに買い物するだけ。以上になります。

例えば、いつものamazon楽天での買い物をポイントサイト経由にする。
旅行の飛行機・ホテル予約をポイントサイト経由にする。
クレジットカードFX口座の申し込みをポイントサイト経由にする。

これだけで、驚くほどのポイントが貯まり、これをマイルに交換することができます。

おすすめのポイントサイトはこちら
出川哲郎のCMでも有名ですね。
下記リンクから無料登録すると30円分のポイントがもらえます。

>>>ハピタス

民泊

実は今年の夏で民泊からは撤退しました。
理由は法改正により合法化されたものの、審査が厳しくなかなか許可が下りず、断念したからです。

小さいワンルーム(家賃8万円)にも関わらず、毎月6万~10万円くらいの副収入になっていたので、痛いといえば痛いです。
いかし違法運営するわけにはいかないので仕方ないかと思っています。

ではなぜ紹介するのかというと、実は今からがチャンスだと思っています。
それは、今回の法改正でホスト数が4分の一くらいに激減しているからです。
つまり、ライバルがかなり減りました。

私の部屋は半年先まで常に満室の状態で運営していましたから、ライバルが減った状態で運営できるのであれば、はっきりいって確実に儲かります。
場合によっては単価も今までより少し上げてもいける気がします。

国の許可をとるためには、いくつかの条件をクリアする必要があります。もしこの条件をクリアできるのであれば、トライしてみる価値はあると思います。

または海外の物件でやってみるのも面白いと思います。
フィリピンであればご紹介できるので、興味のある方はご連絡頂ければと思います。