不労所得サークル「金は命よりも重い」

40歳サラリーマン達が不労所得で年収1000万を稼いで脱サラ・海外移住を目指す。

不労所得の種類と作り方




不労所得とは何か?

wikipediaによると下記のようなことを不労所得というらしい。

不労所得(ふろうしょとく、英: unearned income)とは、それを得るために労働する必要が無い所得のこと。労働の対価として得る賃金・報酬以外による所得を指し、働かずとも得られる収入または収入源という意味で用いられることが多い。利子、配当、賃料収入など投資による収益を指す場合や、有価証券や不動産等の権利自体を売買しその売買差益を指す場合、あるいはその両方を含める場合もある。
引用:Wikipedia

つまり、不労所得とは、自分が働かないで黙っていても収入が入ってくる状態のことである。
全く働かないで生活できたらなぁなんて、誰しもが一度は想像したことありますよね?

そんなことできるかよ。不労所得なんて自分とは無縁だ!って思われるかもしれませんが、ちょっと待ってください。実際にそれをやっている人はいるんです。

働かないと言っても、自分が働かないだけで「何か」が代わりに働いてくれてます。

そして、我々もそれを実践しています。

不労所得の種類

さあ本題です。不労所得と言っても様々です。ここではどんな不労所得があるのか紹介します。

投資系(株、先物、FX、仮想通貨など)

a0002_001041_m-300x200証券口座を開き、株式や日経平均先物、FXなどの取引の結果、得られた収入で生活していくことになります。
いわゆるデイトレーダーなんて呼ばれている人達がこれにあたります。
大資本があるのであれば、銀行に預けておいて利息を受け取るだけで暮らす。というのが最もシンプルな方法ですね。

堅い時もありますが、多少のリスクは伴うため、安定感にやや欠ける場合があります。利息や配当の場合は安定していますが、年利としては少ないケースが多いので、まとまった資本か時間が必要ということになります。

ここ最近で一気に人気が上がっているのが「仮想通貨」ですね。仮想通貨も投資の仲間に入ります。
たった一晩で300%上昇!なんてこともざらにある世界なので、まさに一攫千金を目指す人にはちょうど良いかもしれません。
しかし、このような値幅や動きが何年も続くかどうかは不明なため、取り組むのであれば今がチャンスだと思います。

難易度:★★★☆☆
メリット:場所を選ばない。確実に収益を出せるケースがある。
デメリット:ある程度まとまったお金が必要。お金を増やすのに時間がかかる場合がある。

参考:【基本】40歳からでも遅くない!株式投資

不動産系(マンション、アパート経営など)

image02マンションやアパートなどを賃貸して、その賃貸料で生活する。いわゆる大家さんですね。

家を購入する際にローンを組むわけですが、一般的には年収の5倍~8倍くらいの融資がおります。例えば、年収400万円だとしたら、2,000万円~3,200万円くらいの家なら買えるという目安になります。もしあなたが、公務員や上場企業勤めであれば、100%の良い条件でローンが組める可能性が高いです。これが個人事業主とかになると80%くらいになってしまうので、同じ年収400万円でも1,600万円~2,500万円くらいの融資しかされないケースが多いです。

なので、お金を借りやすい公務員や大企業勤めの方が投資目的として、マンションなどを購入するパターンは結構多いです。

ところが最近の日本では不景気なこともあり、なかなか地価が上がらない状況なので、バブル期のようにキャピタルゲイン狙いで、売って買ってを繰り返すようなことは難しいかもしれません。
今の状況だと東南アジアの不動産は面白いですね。基本的に人口ボーナス期を迎えている国ばかりなので、全体的に経済は上向きです。

不動産を購入して賃貸するケースもありますが、最近流行のairbnbなんていうホテルや旅館のように短期貸しするものもあります。
個人的には駐車場がおススメですね。メンテナンスも楽だし、回転も良いので需要のある場所ならほぼ100%当たりますね。

これは基本的にはかなり堅い収入と言えますが、難点としては、莫大な初期投資がかかることと、昨今の人口減の日本の状況だと必ずしも安泰とは言えないということです。法的な問題はありますがairbnbのように外国人客目当てだと、しばらくは続けられるかもしれませんね。airbnbは利回りだけで考えるとかなり良いです。

参考:AirBnB(エアビーアンドビー)を副業でやって不労所得を作る方法

難易度:★★★★☆
メリット:確実に収益が出せる。
デメリット:ある程度まとまったお金が必要。お金を増やすのに時間がかかる。

ネット系(ブログ、アフィリエイト、情報商材など)

server最近の流行りとも言えますが、ブログなどを執筆することでアクセスを集め、商品の販売などを行って生活している人達です。「一億円ブロガー」のKさんや「秒速で1億」のYさん、なんて人達も注目を集めてますよね。ネット業界自体が新しい分野なので、年配の方達に特にアドバンテージはなく、むしろ若者が成り上がる手段として最も利用しやすい方法だと思います。

まだまだ世間では胡散臭い目で見られることも多いですが、まともな不労所得もちゃんとあるんですよ。でも人をだますような手法を使っている輩がいるので悪い目で見られがちなのは残念ですね。でも、まともな方法で稼がないと続かないし、理念としてもどうかと思います。

ネットビジネス系の主な種類としては、

・ブログ
・アフィリエイト
・youtube
ポイントサイト

などなど。私もこの分野で稼いでいる一人となります。

無料のブログサービスなどありますので、本当に0円からスタート可能でリスクなしです。本当に誰でもスタートすることができます。お小遣い程度に稼げれば良いよ。っていう人ならadsenseの広告収入とかアフィリエイトの販売手数料だけで月に数千円レベルなら1ヶ月で達成可能です。

難易度:★★☆☆☆
メリット:少ない初期投資(もしくは無料)で始められる。比較的誰でも参入しやすい。
デメリット:敵が多い。結果が出ない時はとことん出ない。

参考:お小遣いが貯まるポイントサイトはゲームや買い物するだけ!

著作権系(書籍、映像、映画、音楽など)

795723971_90009de6b1_bこれも比較的知名度は高いと思いますが、代表的なのは、例えば、本を書いてその本が売れたら、売上の何%かが印税として収入になるというもの。
映像や映画や音楽などもこれに含まれますね。ものすごい売上を上げるほどの作品が生み出せれば半永久的に印税が入ってきますので爆発力はすごいです。ただし、これは並大抵のことではできないでしょう。努力はもちろんのこと、運もあるでしょうしね。

難易度:★★★★★
メリット:一度売れたら半永久的に収入が得られる。
デメリット:なかなか売れないし当たらない。特殊スキルが必要。

株主・会社役員(オーナー、社外取締役)

上場企業の株主になれば株の配当だけで毎年億単位の収入が入ってくることも夢ではありません。
ベンチャーを立ち上げて少し軌道に乗ったら、会社を売って株だけは保持する。あるいは社長として残りつつ、株は保持しつづけるなど。

私の知っている某上場企業の社長は、株の配当だけで毎年、億単位のお金が入ってくるそうです(^O^;)
会社の株が1円変わっただけで、資産が億単位で変わるって言ってました。

難易度:★★★★★
メリット:一度軌道に乗ったら半永久的かつ加速度的に収入が得られる。
デメリット:一般的に会社の成功率は1桁台。かなり難関。

ネットワーク系(MLM、紹介ビジネス)

これはご存じの方も多いかと思いますが、アムウェイなどに代表されるネットワークビジネスです。
誤解している方も多いですが、実はネットワークビジネス自体は違法ではありません。そして、商品のクオリティ自体も実は良いらしい。なので悪いことをしているわけではないのですが、如何せん印象が悪いのは否めません。人を利用している感が強いからでしょうか?正直、個人的にはあまりおススメはしません。

新しく知り合った人にご飯に誘われたら、全然知らない人も居て「???」って思ってたら、何やら胡散臭い話が始まって・・・みたいな経験ありませんか? そうあれです。会うたび人に断られ、嫌がられる仕事ですw

どうしても底辺の生活を抜け出したい人は頑張ってみても良いんじゃないでしょうか?

難易度:★☆☆☆☆
メリット:誰でもできる。一度軌道に乗ったら半永久的かつ加速度的に収入が得られる。
デメリット:なかなか売れない。周りの人間関係が悪化する。常に断られる。

お金が欲しいんじゃなくて、自由が欲しい!

吸い込まれるような宮古島の海と雲不労所得というと、「不真面目だ」とか「インチキだ」とか、割と怠けてるような、悪のような印象を持っている人も多いかもしれない。確かにあくどい事をやって得ている不労所得を持っている人も中にはいるでしょう。

でも、世の中を見渡してみると、起業して自社株を保有してる社長なんかは、株の配当だけで毎年、億単位のお金をもらっています。役員報酬とは別にです。では、ミュージシャンはどうでしょうか。作詞作曲して、そこそこ売れたら、もうほとんど働かなくても大丈夫なくらいの印税が入ってきます。それこそ何十年もどこかで使われるような曲を作ったら、何もしないでお金を貰えますね。

ただし、よく考えてみてください。彼らは全く働いてないのでしょうか?
頑張って世の中に価値のあるモノやサービスを残したから、その対価としてお金が貰えているわけですよね。

つまり、「働かないで」というのは、少しニュアンスが違っていて、「働いていない間も」自動的にお金が入ってくる状態。ということです。「汗水垂らして働くことが素晴らしい」とか「あぶく銭は身に付かない」とか「働かざる者食うべからず」などなど、色んな格言がある。

確かに働くことは素晴らしいことである。私も長いことサラリーマンをやってるので、労働の素晴らしさが解らないわけではない。働いているからこそ得られた感動や経験も、もちろんある。

だが、だからと言って、やりたくもないことのために、自分の生涯をむげに過ごさなければならない。ということにはならないと思う。人生を自分の本当にやりたいことに費やせるのであれば、それが一番理想だ。「やりたいこと」と「やるべきこと」がリンクしていないと、生きていくのが難しいということになってしまう。きっと、今の日本には、生き辛さを感じてる人も多いんじゃないだろうか。

「私はお金が欲しいのではなく、自由が欲しいのだ」

そのためには不労所得がどうしても必要だ。お金は便宜上、必要だから欲しい。そう目的ではなく手段だ。そこを勘違いすると、いくら大金を手に入れても、おかしな方向に人生が傾いていくと思う。

まとめ

どうでしょうか?不労所得と一言で言っても、種類も内容も千差万別であります。それこそ向き不向きもあると思います。ただ、意外と誰でも実践可能な内容のものもあるということに気が付くと思います。興味のある方はトライしてみては如何でしょうか?

我々もトライを始めており、結果は出始めています。皆さんも一緒に頑張りましょう。

GMOクリック証券

【お勧め】投資を始めるなら、GMOクリック証券!

取引手数料は業界最安水準!

GMOクリック証券日本株、先物・オプション、FX、CFD手数料がすべて業界最安水準株、先物取引ツール「スーパーはっちゅう君」は、板注文・逆指値注文からチャート、銘柄一覧、ニュースなどオールインワン。「レーザートレード」インストール不要のお手軽取引ツール。FXツールバーが、無料で常にリアルタイム情報に触れられて、便利。
結論、かなり、お得です!!

証券 2015.0213追加

こちらの投稿も、ご参考までに読んでくださいネ (^_-)-☆

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

公開日:
最終更新日:2017/11/13