エネルギーコスト削減用仮想通貨「Energi Mine(エナジーマイン)」がICO開始!

Energi Mine

企業や工場の電気コストを削減するための仮想通貨「Energi Mine(エナジーマイン)」のICOが開始されます。

世界で使われている無駄なエネルギー消費の抑制。
これは現在の人類の成長にとっても非常に重要な課題となっています。

その課題を解決するブロックチェーン企業の登場なのです。

ICO申し込みは
>>>【ICO案件】Energi Mineの申し込みはこちらから

話を聞いてから買いたいという人は、
>>>1月20、21日 Energi Mineミートアップ

※今月中の募集ですが、状況によっては早く終了することがあります。

Energi Mine(エナジーマイン)とは

ブロックチェーン技術を活用することにより世界中でのエネルギーコストの削減が見込めるのです。

Energi MineのCEOは非常に魅力ある案件だったMedicalchainのCEOの方とも繋がっているということです。
同じイギリスに本社があり、お互いのビジネスの意義を理解しあっているということで、非常に信頼度が高いのではないか。と考えています。

既に1,100社の大手企業のコンサルを行っているということなので、それらの企業から順次導入を進めていく可能性が高いです。

EnergiMineの経営陣は業界での実績は豊富で、既に1,100社以上の大手企業のエネルギーコスト削減コンサルを行っており、各社で5~20%の削減実績を出しています。

昨年からは人工知能を活用し、より節電効果の高い仕組みを常に作り上げ、それを実際に企業に導入、コンサルし、高い成果を出しているのです。

それを更に今回は、ブロックチェーン上で管理をすることにより、その効果を更に精度を上げ、より大きなエネルギーコスト削減を目指します。

世界中の企業が順次導入していけば、世界の資源の無駄の削減に大きく貢献し、地球温暖化防止にも繋がるのではないかと感じています。

Energi Mine(エナジーマイン)のICO特徴

・支払は1口あたり1ETH(1イーサリアム)
・1ETHで30,000トークンが付与されます。
・プレセールの参加者には10%のボーナストークン付与!
・既にコンサルに入っている企業が1,100社の実績有り

今の下げ相場において、1ETHの支払いというのは金額が変らないので嬉しいですね。

ICO終了後には、コンサルティング先の企業はトークンを購入し、毎月節約できた費用の一部をenergitokenでインセンティブとして従業員に付与するとのことです。

なぜ従業員に付与するのか?

社内、工場内のエネルギーコストの削減には従業員の細かな対応気配りが大切なのです。

従業員がトークンを受け取ることで、エネルギー削減をするとトークンの価値が上昇すると、従業員にもメリットが出る。
ということで、よりエネルギー削減が加速していく。という流れになります。

リップル社も大企業との提携・参画により、大きく価格を上げたり、信頼を勝ち取ることができました。
Energi Mine(エナジーマイン)も同じような流れを作れるかもしれません。

Energi Mine(エナジーマイン)まとめ

既に企業との関わりの実績があるのは、アドバンテージがありますね。
もちろん、計画が100%成功するとは言い切れませんが、絵空事だけの詐欺ICOが跋扈している中で、中身があるICOは非常に貴重だと思います。

これだけじゃわからないから話を聞いてから買いたいという人は、東京、大阪でのミートアップを実施しているので参加してみてください。
>>>1月20、21日 Energi Mineミートアップ

ICO申し込みは
>>>【ICO案件】Energi Mineの申し込みはこちらから

※今月中の募集ですが、状況によっては早く終了することがあります。
※利益が出ることを保証するものではありませんので、自己責任でお願い致します。

Energi Mine

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

40歳♂、某大企業グループでごく普通のサラリーマンをやっています。 主に仮想通貨とアフィリエイト系に特化して取り組んでいます。海外(特に東南アジア)が好きなので、いずれは海外移住したいと思います。副業収入が月収30万円を突破しました。もう少し不労所得で固定収入を固めたいですね。