ポロニエックス(poloniex)の使い方(買い方、送金など)、特徴まとめ

ポロニエックス(poloniex)は、アメリカにある世界最大級の規模を誇る取引所である。
ビットコインはもちろんのこと、イーサリアウム、リップル、ライトコインなどなど、その数実に60種類以上に及ぶ。はっきり言って、全然聞いたこともない通貨も上場している。

BTCだけでなく、ETHやXMRとのペアでの取引も可能であり、信用取引や指値注文もできる。管理画面もシンプルで意外と使いやすい。

ポロニエックスの公式サイト
https://poloniex.com/

ポロニエックス(poloniex)の特徴

ポロニエックスは2014年1月に設立されました。老舗の取引所に一つになります。


2017年12月19日時点での仮想通貨取引所の世界出来高ランキングでも10位以内に入る規模となっています。

2018年2月末にゴールドマンサックスに買収され、同グループの一員となりました。

取引できる通貨数が多い

取引できる通貨の数が多いため、チャンスが多いです。まだそれほど値上がりしていない通貨を買って、大幅な売買益を狙うこともできます。

取引のできる通貨の一部は以下の通りです。

それぞれ「BTC」「ETH」「XMR」「ドル」建てで取引が可能です。

残念ながら円建てでの取引はできませんので、一度BTCに替えてから取引する必要があります。

手数料が安い

Maker →売り板買い板の板上の価格で取引を行う場合
Taker →板上以外の価格で取引を行う場合

600BTC以下、つまり12億円以下(2017年12月19日時点のレート)の取引であれば、片道0.15%か0.25%ということです。
さすがに12億円を一気に動かせる人は少ないと思いますので、ほとんどの方がこれに該当するかと思います。例えば100万円の取引で1,500円程度ということになります。

信用取引ができる

現物取引だけでなく、レバレッジを利かせた「信用取引」を行うことが可能です。

ポロニエックス(poloniex)の使い方

残念ながら日本語対応していないので、英語アレルギーの方はげんなりしてしまうかもしれないが、使ってみると意外とカンタンなので、食わず嫌いにならずに使ってみてほしい。

入金のやり方


上のメニューの右側に並んでいる「BALANCES(残高)」から「DEPOSITS&WITHDRAWALS(入金と引出)」をクリックしてください。

すると通貨の一覧が出てきますので、入金したい通貨を選んでください。
ここではBTCを入金すると想定します。


BTCの右横にある「Deposit(入金)」を選ぶと、枠が下に広がり、「Deposit Address」が出てきますので、他の取引所やウォレットにこのアドレスを入力して送信するとポロニエックスに入金することができます。

残高の確認方法

同じく上のメニューの右側に並んでいる「BALANCES(残高)」から「DEPOSITS&WITHDRAWALS(入金と引出)」をクリックしてください。

冒頭箇所にEstimated value of holdings: と書いてあるところにドルとBTC表記でいくら残高があるか表示されています。
入金後、反映されるまでに数分はかかりますので、入金して少ししてから確認してみて、金額が表示されていれば入金成功です。

出金のやり方

同じく上のメニューの右側に並んでいる「BALANCES(残高)」から「DEPOSITS&WITHDRAWALS(入金と引出)」をクリックしてください。

仮にBTCを出金したい場合は、BTCの横にある「Withdraw(引き出し)」をクリックすると、枠が下に広がり、送金先のアドレスと送金量を入力するボックスが出てきますので、出金したい金額を入力し、「withdraw」をクリックすると送金されます。

送金手数料は、0.0001BTC(200円程度)です。

なお、デフォルト設定は1日あたり250万円までの出金がマックスになりますので、大金を移動したい場合は注意が必要です。

そして、出金処理を行った後はメールを必ず確認してください。

メールで二段階認証という形で出金処理を確認されますので、メールで送られてきているリンクをクリックしないと、いつまで経っても送金されません。私も最初の頃、これをやってしまい、その間、取引ができませんでした。

メールのリンクをクリックすると下記のような画面になります。

APPROVE WITHDRSWAL?(送金を許可しますか?)と書いてありますので、

YESを押すと

WITHDRAWAL CONFIRMED(送金を受理)と出ますので、これで数分程度で送金が反映されると思います。

取引のやり方

上のメニュー左にある「EXCHANGE」が現物取引にあたるので、通常はこれを使います。

EXCHANGEをクリックすると上の画面に切り替わります。①銘柄リストにあるのが取引可能な通貨ペアなのですが、どれか通貨をクリックすると②チャート部分が該当の通貨に切り替わります。ここで上げ下げの状況を確認できるわけですね。

そして売買は③注文のところでやります。買う場合は「BUY」、売る場合は「SELL」です。真ん中にある「STOP-LIMIT」はいわゆる指値注文です。

特にSTOP(損切り)-LIMIT(利確)は、チャートに張り付いていることができない人にとっては、かなり有り難い機能ですよね。

ポロニエックス(poloniex)まとめ

数ある取引所の中でも規模的にも使い勝手や取引通貨数を考えても、おススメできる取引所であります。

しかし、ポロニエックスは非常に優秀な取引所なのですが、円で直接取引することができませんので、まずはコインチェック(coin check)や、ビットフライヤーなどの国内の取引所で、円→BTCに交換してからポロに送金。という流れが一般的ですね。

2 件のコメント

  • すみません
    大変場違いな質問で申し訳ないですが、ポロ取引所のサポートチケット以外のメールなどの問合せ方法は分かりますか?

    パスポートを送ったのに何ヶ月もレガシー状態で資金移動ができず困っています。

    • サポートセンターには登録されているということですよね?
      それ以外はないかと思います。

      >パスポートを送ったのに何ヶ月もレガシー状態で資金移動ができず困っています。
      これは1日20万円の出金制限の解除ができないということですか??
      友人も身分証明が承認されず困ってますが、どうにもできないみたいです。
      いまはどこの取引所もいっぱいいっぱいなので、正直待つしかないのではないかと。。。
      お役に立てる回答ができずすみません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    40歳♂、某大企業グループでごく普通のサラリーマンをやっています。 主に仮想通貨とアフィリエイト系に特化して取り組んでいます。海外(特に東南アジア)が好きなので、いずれは海外移住したいと思います。副業収入が月収30万円を突破しました。もう少し不労所得で固定収入を固めたいですね。