ビットコイン積立ができるZaif(ザイフ)|特徴・口座開設・入金方法

Zaif(ザイフ)は最近、剛力彩芽のテレビCMでだいぶ盛り上がりましたね。
各社、CM合戦をやってる中でも、派手なCMの部類に入るのではないでしょうか。

ザイフも日本国内の取引所では老舗の一つになります。
金融庁の仮想通貨交換業者登録済みとなっており、運営に関しては国のお墨付きということになります。

ザイフ(zaif)の特徴

運営は大阪府にあるテックビューロ株式会社である。
国内取引所の中では老舗で2014年からの創業である。金融庁の仮想通貨交換業者登録済みとなっており、運営に関しては国のお墨付きということになります。

他の国内取引所とは少し違ったサービスを展開していることでも有名です。

ビットコイン積立ができる


ビットコインの積立ができるのが一番の特徴だと思います。国内取引所では積立ができるのはザイフだけです。

基本的には何もしなくて良いので、トレードが苦手な方でも可能ですね。

長期スパンでみることができるので、ビットコインの価格変動の影響が少なくて済むのも積立投資のメリットでもあります。

AirFX


AirFXとは現物に近いようなFX取引ができる仕組みです。

追証が不要なため、想定以上のマイナスが発生しません。

レバレッジの倍率は最大25倍なので、非常に効率の良い投資が可能となります。

取扱い通貨が比較的豊富

現在取り扱っている通貨は、8種類(BTC、XEM、MONA、BCH、ETH、ZAIF、XCP、PEPE)です。

有名どころは当然抑えつつ、XEMやMONAなど日本に関係の深い通貨が多いのと、金融庁認可の元、運営しているので匿名性の高い通貨は扱っていません。

今後も取扱い通貨は増えていくはずです。

マネパカードが使える

「日本」でも「海外」でも使えるマルチカレンシー・プリペイドカードである『マネパカード』と提携しているため、Zaifアカウントから日本円で出金&チャージできるようになりました。

意外と知られていませんが、このマネパカードは国内だと利用額の最大2%が還元され、海外だと最安のプリペイドカードとなっています。

ザイフ(zaif)の口座開設方法

まずは下記の公式サイトにアクセスしてください。
Zaif(ザイフ)公式サイト


画面右側にメルアドの登録ボックスがでますので、メルアドを入力して「無料登録へ」をクリックします。

入力したメルアドに二段階認証で確認メールが届きます。

メール文中のURLをクリックすると、利用規約と重要事項説明の記載があるページに飛びますので、それぞれチェックして先に進みます。

次にパスワードの設定になります。
パスワードは英数小文字、大文字、数字、記号を含めた16桁以上のものをおススメします。

自分では思いつかない場合は、パスワード生成ツールなどを使用した方がよいかと思います。

これでアカウントの作成は完了となります。

ザイフ(zaif)の基本情報登録

個人情報登録

右上のメニューから「アカウント」をクリックします。

次の画面で個人情報を入力していきます。

氏名、住所、電話番号などを入力していきます。

後程使用する本人確認書類と一致する必要がありますので、注意してください。

一番下にある「変更ボタン」をクリックすると、情報が保存されます。

本人確認書類提出

恐らくこれが一番手間取ると思いますので、先にやってしまいましょう。
マネーロンダリング防止などの意味合いで、本人確認が完了しませんと取引ができませんので、この作業は必須となります。

有効な本人確認書類は

    • 運転免許証
    • パスポート
    • マイナンバーカード

のいずれかになりますので、予め写真を撮っておきます。


「本人確認書類」→「ファイルを選択」→「アップロード」の順番です。

アップロードされたら、ひとまず完了です。

後日、ザイフから本人確認のハガキが届きます。ハガキに本人確認用のコードが記載されていますので、そのコードを入力すると完了となります。

電話番号認証設定


「本人確認」→「電話番号認証」をクリックします。

電話番号を入力して送信を押すと、入力した電話番号に認証コードが届きます。

今度は届いたコードを入力して、完了となります。

出金口座登録

日本円をザイフから出金する際に使用する銀行口座の登録になります。

すぐに使わないのであれば、後日でも構いません。

「JPY出金口座」→「新規追加」をクリックしてください。

新規追加を押すと、銀行名や口座番号を入力する画面になりますので、順番に入力して登録してください。

ザイフ(zaif)の二段階認証設定方法

<二段階認証とは>
ログイン時などに自分で決めたパスワード以外にワンタイムパスワードを使用することです。これによりセキュリティが格段に上がります。

もはや仮想通貨業界では二段階認証が必須となっています。
この設定があるのとないのとではセキュリティレベルは雲泥の差ですので、ハッキングから守るためにも必ず設定しましょう。

「Google Authenticator」というスマホアプリを使用します。


「ios」「Android」ともにありますので、Playストアなどで検索してインストールみてください。
他の取引所やアプリなどでも共通して利用可能です。

PCと携帯を使う場合は、「Google Authenticator」でQRコードを読み込んでください。
すると「Google Authenticator」内にコインチェック用のパスワード生成欄が作成されます。
生成された6桁の数字を入力して「設定する」を押せば、二段階認証設定が完了します。

ザイフ(zaif)の入金方法

ザイフへの入金は「銀行振込」「コンビニ決済」「ペイジー入金」の3つになります。

コンビニとペイジーであれば24時間受付ていますので、待ちたくない人は選択しましょう。
ここではコンビニ決済について説明します。

入金金額を入力して、「コンビニ決済による入金手続きを開始する」をクリックします。

名前、電話番号、メルアドと入金したい金額を確認し、「手続きを続行する」をクリックします。

ここで入力した電話番号をコンビニで使用します。

次の画面に進むと、コンビニを選択する画面になります。

残念ながらセブンイレブンには対応していませんので、その他の最寄のコンビニを選択してください。
細かい利用方法については、選択ボタンの横のリンクを参照してください。

コンビニを選択して「次へ」ボタンをおすと、

最後の確認画面になります。

お支払い情報送信の欄にメルアドを入力して、情報を受け取ってください。

最後に「完了」をクリックしたら、手続き完了となりますので、コンビニで現金を支払って入金してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

40歳♂、某大企業グループでごく普通のサラリーマンをやっています。 主に仮想通貨とアフィリエイト系に特化して取り組んでいます。海外(特に東南アジア)が好きなので、いずれは海外移住したいと思います。副業収入が月収30万円を突破しました。もう少し不労所得で固定収入を固めたいですね。