仮想通貨の優等生NEM(ネム)|特徴・価格・チャート・購入方法

コインチェックから600億円分盗まれた?とされるNEM(ネム)の特徴についてご紹介していきたいと思います。

NEM(ネム)の特徴

通貨名 NEM(ネム)
通貨略称 XEM(ゼム)
公開年月日  2015年3月29日
発行上限数  8,999,999,999XEM
取扱い国内取引所  コインチェックザイフ
取扱い海外取引所  ビットトレックスポロニエックス
公式サイト http://nem.io/

NEMとはNew Economy Movement(新しい経済運動)の略称です。つまり新しい経済圏の創出を目的に始まった仮想通貨になります。
ややこしいのですが、通貨単位はXEM(ゼム)と言います。

この通貨、実は非常に高性能なのです。

ビットコインの弱点もカバーした汎用性の高い通貨です。決済用としても使えますし、プラットフォームとしても利用できるのです。

NEM財団という組織があり、このNEM財団が通貨の発祥となっています。
NEMは”金銭的な自由、分散化、平等などに基づき「新しい経済圏の創出」を目標に始まった仮想通貨プロジェクト”というのがコンセプトになっています。

”平等”を支える承認システム「Ploof-of-Importance」

平等にというコンセプトの元、「Ploof-of-Importance(プルーフオブインポータンス)」(以下POI)という承認システムを採用しています。

NEMは既に発行上限枚数の8,999,999,999XEM(90億枚)を発行済みのため、厳密にはマイニングは存在しません。

その代り、通貨の承認作業をしてくれる人に、報酬としてNEMを与えるシステムとなっています。これを「ハーべスティング」と呼びます。

ハーべスティングに参加できる条件は以下の通りです。

10,000XEM以上を保有
Vested Balance(※)が10,000XEM以上
※1日ごとに、保有しているNEMの10%が加算されていくスコア。

ビットコインのマイニングだと大資本でスーパーコンピュータを揃えてしまえば、力技でガンガン採掘が可能ですが、NEMのハーべスティングの場合は
そうではなく誰にもチャンスがあるということです。

NEM財団とは


コインチェックの盗難事件でも出てきましたが、NEMの発展と普及に努める団体「NEM.io財団」がシンガポールにあります。
https://nem.io/about/foundation/

財団ですから「非営利の公共事業」を行う組織です。
NEM.io財団の主な目標は、「NEM技術を振興し、ビジネス、学術、そして政府部門にまでその採用を拡大すること」と発表しております。

このネム財団のメンバーの一人に日本人がいます。そういったこともあって日本では有名なコインの一つのようです。

nem bar in渋谷


渋谷にNEMをテーマとしたバーができました。名前はそのまんま「nem bar」です。

お会計はNEMやビットコインなどで支払いとなります。JPYでの支払いも可能です。

いかにも仮想通貨をやっている人が来そうですね。思わぬ交流があるかもしれませんので、興味のある方は是非どうぞ。

住所
東京都渋谷区円山町1-2 UKフラッツビル3F

アクセス
JR渋谷駅ハチ公口8分/地下鉄渋谷駅3a出口5分

NEM(ネム)の価格・チャート





2017年は0.1~0.3ドルを推移していたNEMですが、2017年末から2018年始にかけて一気に1ドル付近まで上昇あしました。

日本の仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)の運営会社テックビューロと提携していることもあり、日本では非常に人気のある通貨です。

2018年の最大の上げ要素「カタパルト」実装

このカタパルトというものが実装されると、現在の通貨の中でも最強のスペックになります。

例えば、1秒あたりの処理能力でいうと

<1秒あたりに処理できる取引数>

ビットコイン:14件/秒
イーサリアム:15件/秒
リップル:1500件/秒
ネム(カタパルト実装):4000件/秒

となり、圧倒的なスピードとなります。

スピードだけでなく、セキュリティも向上しますので、もはや敵無しなわけです。

にも関わらず、意外と知らない人も多いわけで。
この事実が多くの人の知るところになったらどうなるでしょうか??

今、100円程度の価格が上昇すると思いませんか?

そうなんです。NEMは2018年に高騰する可能性の高い通貨の一つなのです。

NEM(ネム)の将来性

NEMの将来性について、重要な要素があります。

前述しましたものもありますが、それがこちらです。

「みんなに平等な仕組み」「カタパルトによるバージョンアップ」そして「コインチェックでの盗難事件」

ん?なんで盗難事件が?
と思われるかもしれませんね。

皆さんはこんな疑問を感じませんでしたか?

「なぜ犯人はNEMを狙ったのか」

取引所にアクセスできたのであれば、別にNEMじゃなくても良かったわけですよ。他にも匿名性の高い通貨もありましたし、王道であるBTCもあるわけですしね。

その中でなぜNEMだったのか??

それは、NEMが高騰するであろうと考えていたからではないか。

いずれにせよ、泥棒が盗みたいものは常に高価なものなわけです。それが答えかなと思います。

NEM(ネム)の購入方法

購入できる国内取引所は、コインチェックザイフになります。2か所もあるのはすごいですね。

海外取引所だと、ビットトレックスポロニエックスになります。

海外取引所には直接、円を入金することができないので、まずは国内取引所で円をBTCなどに替えてから送金する必要があります。

まだ口座をお持ちでない方は、コインチェックビットフライヤーの口座を開設することから始めることをオススメします。

宜しければポチっとお願います! 応援くださいませ~(^^♪にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

40歳♂、某大企業グループでごく普通のサラリーマンをやっています。 主に仮想通貨とアフィリエイト系に特化して取り組んでいます。海外(特に東南アジア)が好きなので、いずれは海外移住したいと思います。副業収入が月収30万円を突破しました。もう少し不労所得で固定収入を固めたいですね。