利用価値が無いとされる仮想通貨EOS(イオス)|特徴・価格・チャート・購入方法

ホワイトペーパーに「利用価値がない」と明記されている謎の仮想通貨「EOS(イオス)」について、その特徴などを紹介しています。

EOS(イオス)の特徴

通貨名 EOS(イオス)
通貨略称 EOS
公開日 2017年
発行上限枚数 10億EOS
取扱い国内取引所 なし
取扱い海外取引所 バイナンス
公式サイト https://eos.io/

EOS(イオス)は2017年に公開された仮想通貨です。

驚くべきことに、そのホワイトペーパーには「利用価値がない」と明記されています。これはどういうことなのか・・・
しかし、どうやら本当に利用する予定はないようなのです。にもかかわらずICO直後には時価総額ランキングで10位につけるなど驚異的な資金の集まり方をしました。

EOSは非同期通信と並行処理を採用し、秒当たり何百万ものトランザクションをサポートしています。超巨大WEBサイトを遥かにしのぐトランザクションが可能ということですから、性能としては優秀なのは間違いありません。

誰でも参加できる分散型アプリケーションであり、処理速度が速く、手数料もかからない。という点がメリットと言えます。

その処理速度の速さから、大企業などの大規模サイトとの相性が良いと思われます。

EOS(イオス)の価格推移・チャート





公開当初は1EOS=1ドルでしたが、その後急落。恐らくICOで買った人が一気に手放したのでしょう。
2017年はずっと1ドル付近で推移していましたが、その後、12月に一気にブレイク。そのまま上昇を続け、2018年年初にはピーク時に18ドルを記録しました。

2018年1月24日に発表された格付けランキングでは、なんとETHと並んでB。
これはかなり評価が高いと言えます。
この評価を受けたこともあり、短期では上昇をしています。

2018年2月までの中期でみても上昇するという話もあります。

EOS(イオス)の購入方法

EOSを取り扱っている国内取引所はありません。

EOSを取り扱っている海外取引所はバイナンスになります。

海外取引所には直接、円を入金することができないので、まずは国内取引所で円をBTCなどに替えてから送金する必要があります。

まだ口座をお持ちでない方は、コインチェックビットフライヤーの口座を開設することから始めることをオススメします。

EOS(イオス)まとめ

利用用途がないと明記されてはいるものの、その機能は高いことが認められています。
将来的には何かに利用されるのではないかという期待もあり、価格は上昇しています。

長期でいつか利用されるのを待ってホールドし続けるのは、なかなか精神力がいりそうですが、色々な可能性を秘めているコインであることは確かなので、賭けてみるのも面白いかと思います。

宜しければポチっとお願います! 応援くださいませ~(^^♪にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

40歳♂、某大企業グループでごく普通のサラリーマンをやっています。 主に仮想通貨とアフィリエイト系に特化して取り組んでいます。海外(特に東南アジア)が好きなので、いずれは海外移住したいと思います。副業収入が月収30万円を突破しました。もう少し不労所得で固定収入を固めたいですね。