実際にやってみた!クラウドマイニング投資の比較ランキング【2018年最新版】

クラウドマイニング投資比較ランキング

クラウドマイニング投資は儲かる!と世間でもかなり話題になってきましたね。
年末の週刊SPAでも儲かる副業ベスト3として紹介されていましたから、名前だけでも聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

しかし、検索してみると、色々なマイニングがあるし、ぶっちゃけどれを信用していいのかわからない。
そして、計算が難しい。比較しづらい。安全なの?結局どれが一番いいの?
というかそもそも本当に儲かるのか??

と思ったので、実際に投資してみて比較してみました。
今回は各クラウドマイニング投資のスペックと回収率を基にランキングしてみましたので参考にしてみてくださいね。

クラウドマイニングは各条件が頻繁に変更になりますし、BTCレートも変動しますので、利回りが変わることも有り得ます。
記事は日々更新していきますが、最終的には各自自己責任のもと投資してくださいね。

なお、各レートについては2018年2月17日現在のレートで計算しています。
1BTC=108万円
1ドル=106円

クラウドマイニング投資比較表


有名なクラウドマイニング投資を各スペックで比較してみました。
今回は分かりやすいように下記の条件下で比較しています。

  • BTCをマイニング
  • 単利で計算
  • 1日あたりの採掘量から算出
名称 回収率(年利) 再投資 契約日数 自己アフィリ
ビットクラブ  73% 可能 1000日 可能
ハッシュフレア  107% 可能 1年 不可能
ジェネシスマイニング  90% 不可能 2年 不可能

※2018年2月17日現在の利回りです。
※実際の報酬実績についてはランキング部分で紹介しています。

いきなり結論をまとめてしまうと、

単利の年利だけで考えると、ハッシュフレアが最も回収率が高いということになります。

しかし、複雑なことに「再投資の有無」「契約日数の違い」「特別ボーナスの有無」と、単純比較がしづらいいのです。

例えば、ハッシュフレアは単年投資だと107%ですが、契約日数が1年しかありません。
ところが、ビットクラブは単年73%ですが、契約日数は約3年あるため、同額の投資であれば最終的な回収率は219%となります。よって、時間はかかるもののビットクラブが最も投資回収率が高いということになります。

しかも、ビットクラブは再投資という技が使えるので、やり方によっては半永久的に報酬を発生させることもできますし、自己アフィリも可能だし、ICOのようなファウンダーボーナスもあります。2018年7月7日に900PHに増強!1200PHまでは確約されているため、TOP5入りが確実です。

よって、私の結論としては、長期目線なら「ビットクラブ」、短期勝負なら「ハッシュフレア」ということになります。

※2018年7月18日にハッシュフレアはマイニングサービスを中止しています。7月28日現在には復活していますが、やや不安定です。現状だとビットクラブ一択と言えると思います。

クラウドマイニング投資ランキング

というわけで、ランキングをまとめてみました。
以下、実際にやってみた報酬実績も記載しつつ、各マイニングの特徴などをご紹介していきます。

1位:ビットクラブ(BitClub)

最低投資額:599ドル
信用度:★★★★★
サポート:★★★★☆
利回り(単年):★★★☆☆

マイニングできる通貨:ビットコイン(BTC)、イサーリアム(ETH)、イーサクラシック(ETC)、ゼットキャッシュ(ZEC)、モネロ(XMR)

登録はこちら→ビットクラブ公式サイト

Bitclub Network(通称:ビットクラブ)は2014年9月にアメリカで結成されました。驚くべきことに株式会社という形態をとっておりません。暗号通貨は銀行を不要とするものである。という思想から来ています。

マイニングプールはアイスランドにありますが、マイニング大手のAntpool、Bitfuryとも提携しており、3社合計で市場の20%以上を独占している形となり、世界最大のマイニンググループとなっています。これはビットコインの公式サイトで誰でも確認ができる事実です。

再投資も可能なため、複利でマシンパワーを増やすことが可能です。
3,500ドルプールを買うと、ファウンダーボーナスとしてコインペイアプリのトークンがもらえるため、マイニング投資しつつ、ICO投資もできるイメージです。

アカウントを複数持つことが公認されているため、自己アフィリも可能です。40万円以上の投資を考えている場合はより効率的に投資ができます。

日本人コミュニティもしっかりしているため、困った時のサポートもあります。

MLA(マルチレベルアフィリエイト)という紹介制度もありますので、友人を紹介できる人はさらに報酬が上がります。
特に紹介をしなくてもマイニング報酬は変わりませんので、あまりMLMな雰囲気はありませんが、ネットワークビジネスにアレルギーがある方は止めた方がいいかもしれません。

ちなみにねずみ講ぽいですが、ねずみ講ではないです。上の人でも末端の人でもマイニング報酬は変わらないからです。
現時点では参加した100%の人が儲かっています。

2018年7月7日に900PHに増強!さらに報酬アップ!

ビットクラブの実際の利回り

<投資額>599ドル(63,494円)
購入内訳 プール(500ドル)+初期費用(99ドル)

<回収額>1日あたり0.00012 BTC(129.6円)

<回収率>
1日あたり0.2%
1ヶ月あたり6.1%
1年あたり73%

2位:ハッシュフレア(HashFlare)

ハッシュフレア

最低投資額:2.2ドル(230円)
信用度:★★★★★
サポート:★★★☆☆
利回り(単年):★★★★★

マイニングできる通貨:ビットコイン(BTC)、イサーリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ゼットキャッシュ(ZEC)

登録はこちら→ハッシュフレア公式サイト

なんだかんだ月に一回くらいはキャンペーンを打っているので、割引のタイミングで購入した方がよいです。
登録だけしておくとメールが届くのでおすすめです。

ハッシュフレアとは、イギリスのスコットランドの首都エジンバラにある「HASHCOINS(ハッシュコイン)」という会社がやっています。

何と言っても、少額(なんと230円!)から投資可能という点が最大のメリットだと思います。これなら初心者または予算が限られている方でも、気軽に取り組めますね。

自動再投資が可能という点も複利の力が使えるので、より威力を発揮できます。

マイニングプールの選択ができるのも、まさにクラウドサービスの利点ですね。その時に応じて、有利なプールを選択することで投資効率を高めることができます。

バレンタインやハロウィンなど世間がイベントをやっている時に、キャンペーンで10%引きなどを行うことが多いので、購入を待てる人は、登録だけしておき、キャンペーン時に購入するというのも手です。ただし、いつまでキャンペーンをやるかは不明です。

ハッシュフレアの利回り

<投資額>79.20 ドル(8,395円)
購入内訳 ハッシュレート400GH/S

<回収額>1日あたり0.00002277 BTC(24.6円)

<回収率>
1日あたり0.29%
1ヶ月あたり8.7%
1年あたり107%

3位:ジェネシス・マイニング(genesis-mining)

genesis-mining01

最低投資額:830ドル
信用度:★★★★★
サポート:★★☆☆☆
利回り(単年):★★★★☆

マイニングできる通貨:ビットコイン(BTC)

登録はこちら→ジェネシスマイニング公式サイト
プロモーションコードは「KMQx8X」です。こちらを使うと3%割引になります。

ジェネシス・マイニングは本社は香港で、マイニングファームはアイスランドのレイキャビクにある会社です。

ハッシュパワーを購入した後に、マイニングできる通貨を自由に選択できるのが一番の利点だと思います。
最低投資金額は830ドル(約9万円)からとなりますので、こちらは可もなく不可もなくと言ったところでしょうか。

残念ながらプールが売切れていることが多く、投資したい時にできないことも多々あります。

ジェネシスマイニングの利回り

<投資額>307,000円

<回収額>1日あたり0.0007 BTC(756円)

<回収率>
1日あたり0.24%
1ヶ月あたり7.3%
1年あたり90%

ビットコインドットコム(Bitcoin.com)

最低投資額:不明
信用度:★★★★★
サポート:★★☆☆☆
利回り(単年):不明

マイニングできる通貨:ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)

登録はこちら→https://pool.bitcoin.com/

2011年創設の同社はマイニングランキングにも常に上位に入っている企業である。本社は意外にも東京である。

社長はビットコインの神様と言われているロジャー・バー(Roger Ver)です。言わずと知れたBCH推進派です。当然ながらBCHのマイニングができます。

実績は申し分なし。しかし、マイニングプールはメール登録者に優先的に知らせているようなので、なかなか購入しづらい可能性もある。

管理画面は日本語対応しており、インターフェイスも見やすい。

ハッシング24(Hashing24)

最低投資額:34.9ドル(およそ3,700円)
信用度:★★★★★
サポート:★★☆☆☆
利回り(単年):90.3%

マイニングできる通貨:ビットコイン(BTC)

登録はこちら→https://hashing24.com/

2012年の創業しイギリス・スコットランドに本社を置く「Bitfury」が運営している。こちらも世界のマイニングランキングでは常に上位にいる。

マイニング用チップの製造メーカーとしては世界有数の企業であり、技術力は確かなものがある。
タイやウクライナにも事務所がある。

ハッシュネスト(Hashnest)

最低投資額:不明
信用度:★★★★★
サポート:★☆☆☆☆
利回り(単年):不明

マイニングできる通貨:ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)

登録はこちら→https://www.hashnest.com/

マイニング世界最大手のBitmainが運営しているのがハッシュネスト(Hashnest)。あの採掘王ジハン・ウーが率いている企業だ。
当然ながらマイニング実績は折り紙つきである。

こちらは日本語対応は一切なしなので、登録するには少しハードルが高いかもしれない。

※現在、売切れのようです。

マイニング・リグ・レンタル(Mining Rig Rentals)

最低投資額:不明
信用度:★★★★☆
サポート:★☆☆☆☆
利回り(単年):不明

マイニングできる通貨:ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、イーサクラシック(ETC)、ゼットキャッシュ(ZEC)、ダッシュ(DASH)

登録はこちら→https://www.miningrigrentals.com/

こちらは少し変わった形態のクラウドマイニングになります。

カンタンにいうと、マシンを貸したい人と借りたい人のマッチングサイトです。
ハイパワーなマシンを持っている人が管理会社にマシンを預けて、借りる人は借りたい時に時間単位で借りることができます。

日本語対応はしていません。管理画面も若干みづらい感じがします。

GMOクラウドマイニング

最低投資額:5.5億円
信用度:★★★★★
サポート:★★★★★☆
利回り(単年):不明

マイニングできる通貨:ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)

登録はこちら→https://cloudmining.z.com/ja/

ご存じGMOのクラウドマイニングです。2018年3月からスタートする予定だが、「一口5億円から(2年契約)」というなんとも強気な料金設定。
大口顧客のみに特化することで他との差別化を図るのか。大企業または大富豪向け。

世界9都市で説明会を開始するということなので、相当気合いが入っている。

DMMクラウドマイニング

最低投資額:不明
信用度:★★★★★
サポート:★★★★☆
利回り(単年):不明

マイニングできる通貨:ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)

登録はこちら→https://crypto.dmm.com/

こちらもご存じのDMM.comが運営するクラウドマイニング。金沢にマイニングプールを構築しているそうです。金沢も冬は寒冷地ですから、マイニングには向いている土地と言えますね。

元々、ネット企業ですから、そこで培ったサーバ運用ノウハウを使うことでマイニング事業でもシェアを取っていこうということのようです。

将来的には世界TOP3に入るマイニングプールを目指しているそうなので、今後の計画進捗次第では期待できるかもしれませんね。

無料のクラウドマイニング投資

コインプロ(QoinPro.com)

最低投資額:無料
信用度:★★★☆☆
サポート:★☆☆☆☆
利回り(単年):不明

マイニングできる通貨:BTC、LTC、FTC、VTA、PPC、DASH、NEO、Bitcoin Cash、Bitcoin Gold、Bitcoin Diamond、UBTC、SBTC、LBTC、BCP、BTA、SLTC、BPA、BCO

登録はこちら→https://qoinpro.com/

どういうわけか完全に無料かつほったらかしで、上記18種類のコインがもらえます。
中にはメジャーなものもあるのですが、かなりマイナーなものも含まれています。

どうやら、マイナーなコインを配布することで自分達が推しているコインを流通させることが目的のようです。

もらえる量は非常に少ないですので、皮算用するべくもない感じですが、今後、マイナーなコインが価格高騰した場合に、もしかすると美味しい思いができるかもしれない。。。という感じですね。

まともに報酬を得たい場合は、有料をやった方が良いと思います。

イーオーボット(Eobot)

最低投資額:無料
信用度:★★★☆☆
サポート:★☆☆☆☆
利回り(単年):不明

マイニングできる通貨:BTC、ETH、LTC、BCH、DOGE、XRP、DASH、GNT、CURE、XEM、XMR、ZEC、FCT、BCN、STEEM、LSK、MAID、GRC、ETC、BPPD、PPD、GHS

登録はこちら→https://www.eobot.com/

登録は無料ですが、1日1回広告を閲覧したら、無料で仮想通貨をもらえるというもの。

微々たる量ですが好きなコインを選択して毎日もらうことができます。

ハッシュレートを上げて、もらえるコインの量を増やすことも可能です。

マイニング実績を確認する方法

実は、BTCのマイニング実績は誰でもWEB上で確認することができる。それがビットコインの公式サイトともいえるhttps://blockchain.infoだ。

実際にアクセスしてもらうとわかるが、このような円グラフが表示される。

直近の24時間、48時間、4日の世界のマイニングシェアをみることができる。

ここに名前が挙がっている企業は上位の常連である。
今回ご紹介した「BitClub Network」「Bitcoin.com」「Bitfury」などはしっかりと名前が載っているので、詐欺ではなく実際にマイニングがされているのが確認できる。

シェア以外にも10分ごとに誰がマイニングに成功したか、全て記録されているので、興味がある人は確認してみよう。

ちなみに、「HashFlare」などは名前が載っていないが、裏側ではAntPool、SlushPool、F2Poolを使っているので心配は要らない。

クラウドマイニング投資のメリット・デメリット

メリット

価格変動に左右されずに安定的にBTCの枚数が増える

相場が下がろうが上がろうが、BTCの枚数は一定の数貰えますので、地道ではありますが確実に増えていきます。

場合によっては半永久的に報酬発生が可能

再投資が可能なマイニングプールの場合、複利の力で増えていきます。ビットクラブなどは、あるタイミングで再投資の設定を変更すると、半永久的に報酬発生が可能となります。

自宅で24時間PCを稼動させる必要が無い(電気代、サーバ代、メンテ代がかからない)

自分でマイニングをやろうとする場合、ASICという高性能なグラフィックボードを用意しPCを自作で組み立てて、24時間稼動させる必要があります。電気代が半端なくかかりますし、マシンがダウンしちゃった日には自分でどうにかする以外にありません。そんな手間はなく全て代行できちゃうということです。

ほったらかしでOK

本当に最初にお金を払うだけです。後は日々、管理画面を眺めて「増えたな~」とか「イマイチだな~」とか言ってるだけです。

場所を気にしなくてもよい

クラウドなので、自分がどこに住んでいようと関係ありません。場合によってはマイニングプールの場所も移動することもあるかもしれません。

デメリット

元本回収できないリスクあり

元本が回収できることを保障しているわけではありませんので、注意が必要です。現時点ではプラスになっていても、将来的にマイナスになる可能性もありますし、また採掘して長期保有などすると価格上昇でさらに儲かったりすることもあるでしょう。

トレードほどの爆発力はない

毎日コツコツ、少しづつが基本なので、一ヶ月で元本が10倍になったりはしません。分散投資の一つと考えましょう。

マイニング会社倒産(あるいは持ち逃げ)のリスクあり

なかなか無いとは思いますが、実績が見えない会社の場合、詐欺などがないともいえませんし、色々なリスクがあるのは否定できません。
今回ご紹介した会社は、すでに運用も報酬支払いも実績がありますので、現時点では安心と思います。

採掘難易度は上昇する可能性が高い

色々な企業が参入してきていますので、競争の激化が想定されるため、1社あたりの採掘量が減る可能性があります。
BTC価格が上昇すれば、それも吸収できるかもしれませんが、相場次第なのでなんともいえません。

そもそもクラウドマイニングて何?という人はこちらの記事も参考に。

クラウドマイニング投資比較まとめ

再度まとめますと、

まだまだクラウドマイニングは投資対象として有効です。
実際に、GMO、DMMなどの日系企業も2018年から参入が決定していますし(GMOは一口5億円なので個人での参加は無理ですが^^;)、大企業が巨額を投じるということは、まだまだ儲かるビジネスであるということです。

複利の力も考えると、始めるのが早ければ早いほど有利ということになります。

今のような下げ相場だとトレードで増やすのはなかなかしんどいと思いますが、マイニングの場合は毎日チャリンチャリン増えますので、精神的には安定しますw なので、分散投資の一つとして考えると良いと思います。

今回の試算は2018年2月のBTC相場が下がっている状態での計算ですので、相場がもう少し上向き、あるいは今まで以上に価格上昇した場合は、試算の数倍の投資結果となります。

とはいえ、あくまでも「投機」の部類に入ると思いますので、基本的には余剰資金で取り組むべきかと思います。

おススメのクラウドマイニング業者としては、

長期目線で考えたい、投資額40万円以上の人、ついでにICOもやりたい人、紹介が得意な人(全く紹介しなくても儲かるけど)、ネットワークビジネスが嫌いじゃない人は、→ビットクラブ

短期目線で考えたい、投資予算があまりない人は、→ハッシュフレア

がそれぞれ、おススメとなります。

不明点がある方はコメントください。可能な限りサポートしたいと思います。
あるいは直接メッセージ頂ければと思います。twitterだと反応しやすいです。

特にビットクラブの場合は、業界の裏情報満載のLINEコミュニティへの特別招待などもありますので、投資される場合はメッセージ頂いた方がお得だと思います。

クラウドマイニング投資比較ランキング

2 件のコメント

  • トレードが危険だなと思ってマイニングに興味を持ちました。とても端的にまとまっていますね。
    もし、以下の疑問について教えて頂けたら幸いです。

    購入する時期によって、マイニング報酬も違ってきますか?
    ビットコインの価格が低い時に申し込むのと、高い時期に申し込むのとでは、違いがでるのでしょうか?

    • コメントありがとうございます。

      もちろん、BTCの価格によって結果は変わります。
      厳密にいうと、報酬自体はBTC払いなので変わらないのですが、円換算するとBTC価格によって異なるわけです。

      例えば、

      BTC=10万円 のときに、報酬1BTCであれば10万円の収入ですが、
      BTC=20万円 のときに、報酬1BTCであれば20万円の収入となります。

      直近の収益率については、私が記事内でまとめている通りです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    40歳♂、某大企業グループでごく普通のサラリーマンをやっています。 主に仮想通貨とアフィリエイト系に特化して取り組んでいます。海外(特に東南アジア)が好きなので、いずれは海外移住したいと思います。副業収入が月収30万円を突破しました。もう少し不労所得で固定収入を固めたいですね。