FXに強い仮想通貨取引所「GMOコイン」|特徴・口座開設

東証一部上場のGMOインターネットグループが運営する「GMOコイン」です。
コインチェックの事件などありましたから、セキュリティ対策はチェックしておきたいですよね。
GMOであれば、すでにFXなどの金融業で運用実績がありますし、非常に安心です。

もちろん、「仮想通貨交換業者」として金融庁に登録しています。

GMOコインは、安全性以外にも、FXができる点にも、特徴があります。

GMOコインの特徴

専用スマホアプリ『ビットレ君』で本格チャート、本格取引が可能

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。
スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。

このアプリでは現物取引はできません。

GMOコインのFXは、レバレッジ「最大25倍」、スワップ手数料が「建玉ごとに0.05%/日」です。

手数料は安い方ではないですが、レバレッジは高く設定が可能です。大きく賭けたい人向けでしょうか。

様々な注文方法での取引が可能

PCでもスマホでも、多様な注文方法での取引が可能です。

・成行
・指値
・逆指値
のほか、
・OCO
・IFD
・IFD-OCO
といった特殊注文の利用が可能です。

購入できるコインは5種類

購入できるコインは、BTC、ETH、BCH、LTC、XRPの5種類です。

国内の取引所の中では、コインの数としては普通の方ですね。
人気のリップルが購入できるのは嬉しいですね。コインの種類は今後も増えていくことが予想されます。

即時入金、出金が無料


入金も出金も手数料は無料!
国内の他の取引所だと出金するにもお金がかかったりして計算がややこしかったりしますが、GMOコインの場合は無料なので、非常に分かりやすいですね。

提示された価格で取引可能

取引金額に関わらず、提示されている価格でビットコインの売買が可能ですから、想定通りの取引がしやすいです。

GMOコインの登録方法

前提として、登録するには下記の条件を満たしている必要があります。

  • 満20歳以上の個人であること
  • 日本国在住
  • 反社会的勢力と非難されるべき関係を持っていないこと

まあ、簡単にいうと日本在住で成人してて、普通の人であることってことですね。

登録は無料になりますので、余裕があるうちに口座だけ開設しておきましょう。

まずは下記の公式サイトにアクセスしてください。

>>>GMOコイン

アクセスすると次のような画面になります。

画面の真ん中あたり、もしくは右上にある「無料口座開設」をクリックしてください。

メールアドレスの入力を求められますので、自分のメルアドを入力します。

自分のメール宛に二段階認証の確認メールが届きますので、

文中のURLをクリックします。

任意のパスワードを設定します。

自分の携帯電話に認証用コードを送信するので、自分の電話番号を入力して「コードを送信」をクリックします。

自分の携帯に届いたコードを入力すると、認証が完了します。

次に個人情報を入力しますので、「開設申込へ進む」をクリックします。

氏名、生年月日、性別、住所など、一般的な個人情報の入力をします。

入力したら、最後に本人確認です。

本人確認は二つの方法を選択できます。

  1. 本人確認書類の画像をアップロード
  2. 受取時に本人確認をする

①本人確認書類の画像をアップロードの場合、以下の書類のいずれかの画像をアップロードする必要があります。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • その他

②受取時に本人確認をするであれば、画像のアップロードは必要なく、宅配便で確認書類が届くので、その際に本人確認書類を提示すればOKです。

すでに画像をもっている場合は①でよいかと思います。①であれば受取時は在宅している必要がありません。
書類を写真撮ってアップするのが面倒な人は②を選べば良いと思います。

数日後に、確認書類が自宅に届きますので、

中にはいっている紙に書いてある口座開設jコードを確認しましょう。

ログインすると、口座開設コードを入力する欄があるので入力して「口座開設」ボタンを押します。

すると、登録済の携帯に2段階認証コードが飛んでくるので、それも入力します。

かなり厳重な感じですが、これで口座開設完了となります。

GMOコインまとめ

管理画面は非常にシンプルでわかりやすいので、初心者の方でも抵抗なく使うことができると思います。

FXをレバレッジ高くできるので、その点もメリットの一つだと思います。

口座開設はこちらから
↓↓↓
アルトコイン訴求

しかしコインの種類は残念ながら、まだ少ないです。将来有望そうなアルトコインを取引したいのであれば、海外取引所のバイナンスを使った方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

40歳♂、某大企業グループでごく普通のサラリーマンをやっています。 主に仮想通貨とアフィリエイト系に特化して取り組んでいます。海外(特に東南アジア)が好きなので、いずれは海外移住したいと思います。副業収入が月収30万円を突破しました。もう少し不労所得で固定収入を固めたいですね。